イメージ画像

ふるさと納税は、所得税と住民税から控除を受けられる上限額があるのですが、その上限額は人によって変わります。

あまり多くやりすぎても限度額を過ぎるとただ単に「寄付しただけ」になってしまいますので、あらかじめ、

「自分はいくらまで寄付するのが一番お得なの?」

ということを調べておかないといけません。

そこでご用意したのがこページです。

上限額を試算するのに必要な書類が2つありますので、以下の書類を手元にご用意ください。

 

試算に必要な書類
・源泉徴収表(または確定申告書)

・市町村民税・都道府県民税特別徴収税額の決定・変更 通知書(納税義務者用)

 

あとは、以下の表の赤で囲まれた部分に、2つ書類の該当する部分に載っている数字を入れていくだけです。^^

 

源泉徴収票

 

市町村民税・都道府県民税特別徴収税額の決定・変更 通知書

 

試算する

あなたが「ふるさと納税」に使える金額の目安は・・・ 円です。

 


 

上記の項目を全て入力した後に、予定金額を入力すると、いくら控除可能なのかがわかります。^^

▽ふるさと納税する予定の金額(総額)をご入力ください
 ,000円(千円単位)

 

試算する

税金控除額(住民税+所得税)
住民税から控除できる額
所得税から控除できる額

このページの先頭へ